久しぶりにユングタイプ論の講義。
ユング心理学は東洋思想と繋がるところが多くて面白い。やっぱり私は好きだ。

タイプ論は、ユングのパーソナリティ理論。人の持つ優越機能は、普段からよく使ってあって得意な領域だが、劣等機能は使い慣れていないだけで、その能力がないわけではない。普段は劣等機能の部分も使うように心がけ、いざという大切な決断の時には優越機能を使うと良いと言われる。

私も講義をしながら自分でもチェックリストをやってみた。かつては典型的な外向思考型、他に高いのは思いつきを行動に移す外向直観型だったが、感情機能が増え、今まで全くないに等しかった感覚機能が増えてきた。主に五感を使って創造することや、データや事実に基づく行動が、感覚機能だ。まだ外向面はポイントが低いが、内向面では上がっている。歌の活動やビジネスマンの方々とのお付き合いが増えて、現実的なデータや成果についての意識が育ちつつあるのかも知れない。

人のパーソナリティは変わっていく有機的なものだ。苦手の克服、これからも頑張ろう!

The following two tabs change content below.
落合美沙

落合美沙

代表理事一般社団法人日本イーブンハート協会
一般社団法人日本イーブンハート協会 代表理事 イーブンハートスクール校長 心理カウンセラー、フィトセラピスト、アートセラピスト イベントプロデューサー
落合美沙

最新記事 by 落合美沙 (全て見る)